子どもの運氣UP

子どもの運気を上げれば生涯年収に差が出ることを知っていますか?

子どもにはしあわせになって欲しいと親なら誰もが願いますよね。そのためにいろんな習い事や学校選びに一生懸命になるものでです。でもこれからの時代は良い学校、一流企業に入ることだけを目標にしていると難しい時代になります。未来の社会に必要な力は何でしょうか。これから大切な力は自分で考え自分で行動していくこと、問題解決力、そして運です。

親の年収が子どもの運に与える影響

子どもたちは家庭の中で交わされる言葉から「良い音」「悪い音」を聞き取っています。赤ちゃんとして生まれてきたときはお金持ちかどうかはわかっていませんが、3歳くらいまでで親の意識を記憶していきます。お金持ちのご家庭では家にお金があるのが「当たり前」だと思っています。この「当たり前」という感覚が子どもの「当たり前」になるわけです。ところが収入が少ないご家庭ではお金がないことが「当たり前」であり子どももお金がないことを「当たり前」だと思ってしまいます。この当たり前は3歳までに潜在意識に入ってしまうのです。

「お金がない」という嫌な音

日本人はお金に対して心のどこかで「汚い」というイメージを持っている人が多いです。ですから謙遜して「うちはお金がないのよ〜」って言ったりします。この言葉を相手に言ったつもりかもしれませんが相手以外に聞いているのは「自分」なんですね。

「うちはお金がない」とインプットしているのです。するとどうなるでしょうか。願い通りお金がないという現象が起こります。そして嫌な音をお子さんに聞かせないように注意してください。7歳までの子どもたちはとても耳が良い時期です。運を下げる言葉の音を無意識に聞かせてはいけません。気をつけましょう。

お金がいっぱいある

いくらパワースポットに行っても日常の心がけが悪ければ運氣は下がってしまいます。せっかくパワーをいただいたのですから家の中でどのような言葉を使って良い音を聞かせているかがとても大切になります。そのためにはどんな古い家、狭い家でも丁寧に掃除をしたり、花を飾ったりして良い音が響き氣が流れるようにしておきましょう。

お金がいっぱいあると思っていても誰にも迷惑はかかりません。そう思うだけで楽しくなります。ただし、このお金はまだ見えないのでお子さんの貯金だと思ってくださいね。お子さんに良い音を聞かせてお子さんの生涯年収を上げましょう。

言葉の音に注意!「お金がある」って音を自分にもお子さんにも聞かせてあげましょう。